色のセレクトショップ Planet Angel

・・・ヨーロッパ輸入雑貨・・・  店主によるブログ

断食に行ってきました


こんにちは、planet angel です。

先日ちょっとお休みを取って、2泊3日の断食に行ってきました。


今年に入ってなんだか体調良くないなー、老化を感じるなーって感じていました。

体重はそれほど増えてはいないのに体脂肪が異常に増えていたり、肩こりがヒドかったり(><)

日頃の食べ過ぎも気になっていたので、ここでリセットをしようと、以前からやってみたかった

断食に行くことにしたのです。


お世話になったのは、岐阜県瑞浪市にある「癒しroom月」 

URL : http://keiko-1221-tuki.jimdo.com/

セラピストの方が、同じ名前「恵子」さんというのも何か偶然♪


(1日目) 晴れ

15時前にJR土岐市に車でお迎えに来て下さり、そこから宿泊先に向かいました。
すでにもう断食が始まっていて、この日の朝は白湯のみ。
前日の夕食もあっさりとした、野菜ばかりの夕食を取りました。

宿泊先は、鬼岩温泉(瑞浪市)の「いわみ亭」という古い旅館。
セラピストの今井さんは一室を借りて1日1組限定で断食を指導していらっしゃいます。

いわみ亭はコチラ。







部屋に到着すると、断食の説明。
断食をすると、まず体調が悪くなるそうです(笑)

それは好転反応で、デトックスの始まり。
人によって出る症状は違い、簡単に書くとこんな感じです。

陽性の人:普段肉食など動物性たんぱく質を多くとる人、塩辛いものが好きな人
肩こり、イライラ、ほてり、頭痛

陰性の人:甘いモノ、炭水化物を多くとる人
だるい、眠い など

この説明を聞く前から、私は身体がだるいと感じていました。
すでに好転反応が出ていたみたいです。

好転反応とは、食べないことで使う必要の無くなった消化酵素が働いて、細胞に
溜まった毒素が血液に流れ込むことで始まるそうです。
そういうときは、無理矢理でも身体を動かして汗をかくことが大切なんだとか。
血中の毒素が汗と共に出るのですね。

そんな話を聞いてから、豆乳入り野菜ジュースを頂きました。






夕方からはフリータイム。
目の前に鬼岩公園(国定公園)があるので、まずは歩いてみました。

目の前にあるのは、夫婦滝。






公園とありますが、山のなか。
緑と土の香りがしました。
そしていつも沢の音が聞こえます。




















けっこう急なので、断食でデトックス中の身体にはけっこうキツイ!
一歩一歩が必死でした。

散歩から戻り、温泉に入りました。
宿泊中は、何回でも温泉に入れます。
ただ、好転反応が出ているときはのぼせやすいので、長湯は禁物だそうです。

汗を流してスッキリはしましたが、身体は石のようにおもーい!
経験をしたことのない感覚。食欲はありません。
本を読んだり、日記をつけたり、ゆったりして過ごそうと思っていましたが、
起きていることが辛く、夜7時に布団に入って寝てしまいました。

このだるーい好転反応、私は完全に陰性の反応。
甘いモノ、炭水化物の取りすぎ!
あ〜、身体は正直だ!!



(2日目) 晴れ

朝6時に起床。
10時間以上寝たせいか、昨日ほど身体はダルくない。

さっそく朝の散歩に出かけました。
鬼岩公園と反対のほうへ少し行くとカフェがあり、そこもステキな散歩道になっているとのこと。


ありました。






門を入ると、小道が続きます。
昨日の鬼岩公園ほどではないけれど、山のなかを入っていきます。







あと2分。










てくてく山道を歩きます。
けっこう、キツイ!
これは若くないと大変だぞ!!

そしてようやく、見えてきました。








とても素敵なカフェ!





聞いてはいましたが、月曜日・火曜日がお休みなので、
残念ながらこの素敵な空間で過ごすのは無理(涙)。。。


中をチラッとのぞき見。。








回り込むと、見えてきました。







なんてステキな場所なんでしょう!

Ryo-an というカフェです。
ほんとに、ほんとに、残念!!

別の機会にでも訪れたいところです。
車がないと無理だなぁ。。
誰か連れて行って下さい♡


散歩から帰り、まだ8時前。
朝から温泉に入って、身体を温めました。

そして9時30分、今井さんがお粥を持っていらっしゃいました。
お茶碗に軽く一杯入った、水分が多くてお米はほんの少しのお粥さん。

なぜか食欲はありませんでした。
断食をするにあたり一番躊躇するのは、空腹をがまんしなくてはいけないことでしたが、
目の前にお粥があっても、食べても食べなくてもどちらでもいいって感じていることが不思議でした。

わずかなお粥を梅干しやお塩で少しずつ味わいながらいただく。
気づいたら全部食べていました、haha〜(笑)


2日目午前中は、食生活の見直し、ヨガレッスン、プチエステです♪

断食前日の食べたもの食材を書き出し、マクロビオティックに従い、陽性・中庸・陰性に分けます。
陽性は身体を温めるもの、陰性は身体を冷やすものです。
陽性は動物性や塩気のあるモノ、陰性は植物性や甘いモノ。

私の食生活は、やはり陰性のものが多かったです。
では陽性のものを積極的に取ればいいかというとそうではなく、中庸の食物を増やすのが理想とのこと。
中庸のものとは、玄米・大根・人参・カボチャ・玉ねぎ・レンコン・もずく・三年番茶・白菜・小松菜
ひじき・昆布・高野豆腐 など。

知らなくてビックリしたのは、腸内環境を整えるのにはヨーグルトは勧めないと言われたことです。

陰陽の観点から言うと、ヨーグルトは陰性の強い食べ物で、腸を冷やしてしまうのだそうです。
私は朝・夜と積極的にヨーグルトを食べていたので、かなりショックでした。
ではどうすればいいかというと、納豆やぬか漬けなど、日本古来の発酵食品を食べるようにすること。
生姜や豆腐もそのままだと陰性で、すりおろして白湯に入れたり、湯豆腐にしたりすると身体を温める
ものになるのだそうです。生姜は身体を温めると思い、お寿司屋さんでは積極的にがりを食べていたので、
逆効果だったことがわかり、これまたショックでした(苦笑)。

もうひとつ、身体を冷やすもの、、、、毎朝飲んでいるコーヒーです。
代わりに勧められたものは、梅醤番茶。
梅、すりおろした生姜、醤油麹をお湯で溶いたものです。



断食中、何回も飲みました。
醤油麹は作り方を教えてもらって、帰ってきてから作りました。
梅醤番茶だけでなく、料理にも使えて美味しいので、重宝しています♪

すべては、「身体の冷えをとる」ことから始まっています。
便秘も腸が冷えているのが原因、免疫力低下も冷えが原因。
実際、たまに行く鍼灸の先生からも言われてたし、自分の身体を触っても冷たいなと感じていました。
これからは、身体の中から温めていくことに気を遣っていこうと感じました。

それから、ヨガです。
身体を温めるポーズをいくつか教えてもらいました。
体幹があると言われて、ちょっとうれしい(^^)
ダウンドックからの、身体を床につけずにアップドック持っていくポーズ、
太陽礼拝のポーズを毎朝するようにしています。

お次は、足裏マッサージ。
アロマオイルを2種類選んでキャリアオイルに垂らし、自分のオイルを作ります。
私は、温める作用のある「ゆず」と「ゼラニウム」を選びました。






そのオイルを足裏に塗り、指の関節を使ってマッサージ、ツボを押していきます。




土踏まずの上あたりが胃・膵臓・十二指腸なのですが、日頃の食べ過ぎ、甘いモノの取りすぎの
ため、このあたりを念入りいに揉み解し、マッサージしました。

そして、一番のお楽しみは、フェイシャルプチエステ♪
今井さんの程よい指圧で至福の時間。

顔にも内臓に作用するツボがたくさんあるので、疲れたときにはボディマッサージ同様、
フェイシャルマッサージも効果があるそうです。
疲れたときはどうしても身体の揉み解しに行きがちですが、フェイシャルだとお肌と内臓両方
リラックスさせることができるから、今後はフェイシャルっていう手もありかな〜。



午後からはずっとフリータイム。
昨日ほどではないけれど、ずっと身体の怠さは続いています。

血中の毒素を出すためにも汗をかいたほうが良いので、身体にムチ打って、
昨日歩いた鬼岩公園のもう少し先、鬼の岩屋まで行ってきました。
800年ほど前、岐阜県関市で悪行を働いていた「関の太郎」が追いやられて棲みついた岩屋とのこと。








頭上注意にも関わらず、頭を打ってしまいました(苦笑)。

中に入ると、、、











岩から漏れる光が美しかったけど、恐ろしかったので、写真を撮って即出てきてしまいました。


宿に戻り、温泉に入って、その後今日の復習をしたり、本をパラパラめくったり、いろいろ
しているとすっかり夜。ふくらはぎがとっても痛いことに気が付きました。
筋肉痛にしてはひどくて、歩くのがとっても辛いほどです。
オイルマッサージをして、寝ました。



(3日目) 晴れ

朝6時に起床。

温泉に入って、その後散歩に行こうと思いましたが、ふくらはぎの痛みが激しかったので、
部屋で帰りの準備をしながら、昨日教わった体操やヨガを復習していました。

9時30分、今井さんがいらっしゃり、お粥をいただきながら回復食の説明を聞きました。
今日から2日間、できれば1週間くらいは回復食を続けたほうが良いとのことでした。

刺激物、冷たいモノ、動物性食品、油っこいもの、アルコール、カフェインはNG。
お粥、野菜スープ、野菜の煮物、豆腐、豆、海藻類などで少しずつ戻していく。
お出汁も、かつおでなく昆布だしで。

そして、ふくらはぎの痛みについて聞くと、断食で出る反応としてはめずらしくなく、
毒素が下半身に溜まるタイプで、これまた陰性反応のようです。

朝10時、JR土岐市まで送っていただき、断食体験は終わりました。

結果、体重マイナス2.5キロ、体脂肪マイナス2パーセント。
全体的に引き締まった感じがします。
無題にかいていた汗もちゃんと体内毒素が出ているって感じるし、身体に力が入るようにもなりました。

日常に戻り1か月弱、いかに断食直後の状態をキープするかが課題!
今は普通に食事はしているし、お酒も飲んでいますが、身体を冷やさない食生活を意識しています。

今回はじめて断食をしてみて、いつでも自分でできる!ってことがわかりました。
ただ、うちにいるとどうしても誘惑があるので、1日以上の断食は今回のように他のところに身を置いて
断食の環境の整ったところでリラックスしながら行ったほうが良いと思います。

癒しroom月、おすすめで〜す。
 

comment

コメントする
   

ページ先頭へ